大阪、茨木市の歯科ならにいもと歯科医院。虫歯治療などの一般歯科から予防歯科、インプラント、ホワイトニング、審美、小児、歯周病、噛み合わせ等幅広く診療しています。お気軽にご相談ください。
にいもと歯科医院イメージイラスト

小学生へ

小学生へ
乳歯も永久歯も大切に!

乳歯は永久歯と違い、成長過程で抜けてしまいます。だから、むし歯になってもそんなに心配することはないと思っていませんか?
これは大きな間違いです。
乳歯にむし歯や炎症があると、そのあとに生えてくる永久歯が正しい位置に生えない場合があるのです。

むし歯で空いたすき間に前後の歯が倒れこみ、次の永久歯がきれいに生えないため、永久歯の歯並びに大きな影響を与えることになります。また、むし歯の痛みがあると、食事で固いものを避けたり、食事自体の量が減ったりして、子どもの健全な発育の妨げになることがあります。
むし歯で大きく欠けた歯では、正しい発音ができません。
「乳歯は永久歯のこども」ではなく、「乳歯は永久歯の親」と考えるようにしましょう。乳歯のケアによって、次の永久歯の生え方につながります。

乳歯は永久歯の親です

歯の交換時期になったら、一度お口全体のレントゲン写真を取って、顎の中の永久歯の状態を確認しましょう。最近では、永久歯の数がもともと少ないお子様もいらっしゃいます。歯の数が多い・少ないことがすべて問題になるわけではありませんが、まずは歯の数や位置を確認して、永久歯列の予想を立てておくことが今後の方針を立てる上で大切です。場合によっては、将来的な矯正治療をお勧めすることもあります。

▲トップに戻る

むし歯の予防について

子どもの歯は柔らかい

まず、むし歯の予防には正しい歯磨きと食生活の管理が重要です。小学生になると、塾や習い事などが増えるとともに間食も多くなり、むし歯にかかるリスクも高くなります。また、子どもの歯は柔らかく浸蝕されやすいため、むし歯にかかると進行が早いのが特徴です。当院では、お子様の正しい歯磨きをバックアップするよう歯科衛生士によるブラッシング指導を行っております。
また、生え変わりの時期には保護者による仕上げ磨きがかかせません。小学生になったから、仕上げ磨きからは卒業!というのではなく、永久歯列が完成するまではしっかり確認をしてあげてください。

また、むし歯の発生を効果的に抑制する「フッ素」の塗布も行っております。ご家庭でも「フッ素」を含んだ歯磨き粉を使うとさらによいでしょう。

▲トップに戻る

歯の矯正について

子どもの歯の矯正について、「いつから始めたらよいのか分からない」と思っておられるご両親は多いのではないでしょうか。
矯正医の専門団体である日本矯正歯科学会では「7歳には矯正相談を受けましょう」と呼びかけています。
ただ、7歳以下でもすでに歯並びが悪く、心配されるご両親もおられます。乳歯がきれいに並んでいなかったり、前歯が噛み合っていなかったりなど、子どもといえど様々な悩みがあげられています。その中でも、なるべく早い時期から治療する方がよいものとして、反対咬合(いわゆる受け口のことです。下顎が上顎より前に出てしまっている状態です)、交叉咬合(全体ではなく部分的に反対咬合が起きている状態)が挙げられます。これらは歯だけではなく、顎の成長にも関わってくるかみ合わせなので、早めに相談されることをお勧めします。

▲トップに戻る

にいもと歯科医院ロゴ

診療時間
09:30~13:00
14:30~19:30

…土のみ14:00まで

休診日木・土午後、日、祝

にいもと歯科医院電話

〒567-0841 大阪府茨木市桑田町1-1
レヴェ・ヴィラージュ1F

にいもと歯科医院電話
にいもと歯科医院アクセスマップ

→GoogleMap

○ 阪急「茨木市」駅より東へ徒歩10分 ○ 京阪バス・近鉄バス「中津町東」すぐ →阪急「茨木市」駅からの詳しい道順はこちら

患者様用駐車場あり

Copyright © 2019 にいもと歯科医院 All Rights Reserved.